引越し10回以上の転勤族がまとめた「楽に」引越す手順

【引越しを安く、楽にする】8の手順と準備リスト~引越し手帳~

引越し当日の流れ

引越し前日~当日の流れ、やること、手元に置いておくもの

投稿日:2017年3月14日 更新日:

当日使うもの、最後まで手元に残しておくものと前日~当日の流れをまとめました。

当日~引越し直前まで使うもの

  • 携帯の充電器
  • ごみ袋
  • タオル
  • 照明
  • パジャマ
  • 布団
  • 化粧品、基礎化粧品(化粧水など)
  • 洗顔石鹸
  • 歯磨きセット
  • 当日着る服・下着
  • ほうき・雑巾など掃除セット
  • ガムテープ、はさみ、ガムテープ、軍手、ボールペンなど作業セット

最後に詰める荷物のための段ボールを用意しておく。

手荷物として持って行った方がいいもの

  • 印鑑
  • 現金
  • 携帯
  • 新居の鍵
  • 筆記用具
  • 貴重品(クレジットカード、通帳、印鑑、小切手、権利書など)

貴重品は紛失しても補償の対象外となるため、段ボールに詰めていけません。手荷物として持っていけないような貴重品は「貴重品輸送」を利用するのもいいと思います。

引越し前日にやっておくこと

次の日の朝食(昼食)を準備しておく 調理器具やお皿を荷造りしてしまっていると料理ができないので、特に朝食はコンビニなどで前日に買っておくと当日楽。

昼食は、コンビニや出前、新居近くのお店をリサーチしておくと便利(`・ω・´)b

基本的に、スタッフの方への昼食などの準備は必要ないですが、飲み物を買っておくと親切だと思います。

天気予報チェック 雨でも濡れないように梱包してくれるため心配いりませんが、気になる荷物があれば前もってビニールで包んでから段ボールにいれておくと安心。

もし台風や暴風雨などで引越した場合に荷物が破損すると補償の対象外になってしまうので、キャンセル料なしで延期にしてくれる場合が多い。心配な天気なら一度業者に連絡をしておいたほうが当日混乱しない。

家電の最終準備 ・パソコンデータのバックアップ
・冷蔵庫のコンセントを抜いて水抜き(製氷機の溶けた水を捨てる)
・洗濯機の水抜き(ホースの取り外しは業者がやってくれる)
・ストーブの灯油を抜いておく
作業グッズをまとめておく ハサミ、カッター、マジックペン、ガムテープ、軍手などをひとつの箱にまとめておく。
スタッフへの心づけ(チップ)を用意しておく 必ずしもチップは渡す必要はありません。ほとんどの業者のホームページには「作業員へのチップの必要はありません」と明記されています。(参考:作業員へのチップは渡した?いくら?品物はなに?アンケート結果)

しかし、現金でなくても缶コーヒーやお茶など飲み物があれば作業員も人間ですから印象も良く、ねぎらいの気持ちも伝わると思います。実際、私が作業員だったらなにかしら差し入れがあった方がモチベーションは上がります(*'ω'*)

ある程度の現金を用意しておく ガスや電気、水道の清算が現金の場合がある。また、食事や飲み物などなにかしら使う場面があるのである程度の金額を用意しておいたほうが良い。
車移動の場合はガソリンをいれておく 当日、引越し業者は荷物を積んだらまっすぐ新居へ。立会いもあるため、同時刻には新居にいなければならないので、ガソリンを前もって十分にしておく。

引越し当日の流れ

1.起床~朝食

朝食は容器や箸は捨てられるものを。前日に用意しておくと楽です。
使用したものからどんどん箱に詰めていきます。
(パジャマ、布団、歯ブラシセットなど)

●使用するもの

歯磨きセット、石鹸、タオル、基礎化粧品、メイク用品、割り箸、飲み物など

 2.作業員が来る空いた部屋から掃き・拭き掃除

手伝って事故があった場合、補償の対象外になってしまうため荷物の手伝いは厳禁です。

●使用するもの

雑巾、ほうき

3.電気・ガス・水道の清算(引き落としの場合もあり)

事前に連絡しておき、当日に清算する。会社によって支払い方法などが違うため、確認しておく。

4.大家さん・管理会社の立会い/鍵の返却

退去時に確認をしない管理会社もアリ。

汚れや傷、破損などの確認をして修繕費、敷金の用途などの話し合いがある場合も。

●使用するもの

印鑑

5.忘れ物チェック・最終確認

忘れ物はないか(忘れやすいのは照明、押入れ・収納の中、充電器など)
・ポストの中は空っぽか
・表札を外す

6.新居へ

引越し業者が先に到着してしまうと中に入れない、立会いも必要なため家族の誰かが先にいって待っているか、いない場合は業者の方と相談しておく。

7.新居への荷物の搬入

荷物が運び込まれたら、傷や荷物がすべてあるか確認。できれば食器なども割れていないかチェックしておく。

もし破損などがあれば、その場でスタッフに「事故証明書」を発行してもらって後日業者と話し合う。後日気づいた場合だと誰の過失なのかハッキリしないため、うやむやになってしまうためできれば当日中に確認を。

8.開梱

すぐに使用するものから開けていきます。

すべて開けてしまうとグチャグチャになってしまい、片付けが大変になるのでひとつずつ開けて片付けるのがおすすめ。

業者によっては段ボールの引取りが当日のみ無料というところがありますが、最近ではスーパーなどでリサイクル回収しているところもあるので、無料回収のために焦って開梱する必要はないと思います。

9.電気・ガス・水道の使用開始確認

電気がつくか、ガスは開通しているか元栓を開ける、水は出るかチェック。都市ガスは立会いが必要です。

10.あいさつ回り

できれば当日か翌日のうちにご近所への挨拶を済ませておく。

一戸建てなら「向こう三軒隣」、集合住宅なら両隣と上下の部屋が一般的。

ただ、賃貸だと挨拶しないという場合も増えているようです。
(参考:人には聞けない引越し挨拶の本音!嬉しかった品物&挨拶なしだと印象は?

※前回の引越しで一括見積りをした結果、値引き交渉により8万円安くすることができました。
200,000円→120,000円

一括見積りをするだけで、引越し料金は数万円単位で変わってきます!1円でも安く引越すために不可欠なのです( *• ̀ω•́ )b グッ☆

↓↓私が使った無料見積りサイト↓↓


クロネコヤマトなどとも比較できます

-引越し当日の流れ

Copyright© 【引越しを安く、楽にする】8の手順と準備リスト~引越し手帳~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.