引越し10回以上の転勤族がまとめた「楽に」引越す手順

【引越しを安く、楽にする】8の手順と準備リスト~引越し手帳~

引越しが決まったらすることリスト

自分で引越しした方が本当に安い?引越し業者を利用した場合と比較してみた。

投稿日:

引越し自分と引越しをした場合と引越し業者に頼む場合、結局どちらが安いのか?
ここでは、自分で引越しをするケースで一番多い一人暮らしの場合

  • 費用(レンタカー代、チップ)
  • 手間
  • 人手
  • 段ボール
  • 新聞紙

などから比較してみました。

かかる費用

1.運搬費

引越しを業者に頼む場合、

  • 引越し専門業者
  • 宅配業者

という2つの選択肢があります。

引越し業者を利用した場合の平均相場は、約67,000円。
宅配業者を利用した場合の平均相場は、約37,000円。

一人暮らしの場合は、荷物が少ないので宅配業者の引越しサービスを利用した方が安い傾向にあります。

自分で引越す場合は、自家用車なら0円ですが、家電や家具がある場合はレンタカーを借りることになります。

一方レンタカーの相場は
少ない荷物の場合は350kgの軽トラで6時間6,000円、12時間7,000円くらい。
家具や家電がある場合は、2tトラックで6時間8,000円、12時間で10,000円くらい。

参考

引越しに使うレンタカーの相場
引用:ニッポンレンタカー- バン・軽トラック・トラックのレンタカー車種・料金一覧

高速道路を使う場合はこれに高速料金とガソリン代が上乗せされます。
ちなみに借りた場所と返す場所が違うワンウェイレンタル(他営業所への乗り捨て)ができるレンタカー会社は多いので、その点は心配いりません。

引越し業者に依頼する場合 宅配業者の相場 約37,000円
引越し専門業者の相場 約67,000円
自分で引越しをする場合 レンタカー350kg軽トラック(家具家電がほとんどない場合) 約5,000円~8,000円
レンタカー2tトラック(家具家電がある場合) 約8,000円~12,000円
レンタカー代+高速代とガソリン代がかかる 距離による(ただ、トラックは燃費が悪いのでガソリン代が高くなりがち…!)

2.段ボール

自分で引越す場合、段ボールはスーパーなどで無料でもらってくるかホームセンターで新品で買ってくるか。

スーパーの段ボールはあまり大きさがない上に強度が弱く、最悪底が抜けてしまうことも…(^^;)

ホームセンターでは1枚200~400円程度で売っていますので、10枚買うと2,000円~4,000円もかかってしまいます

業者に頼む場合は、段ボールは無料でもらえることがほとんどなので、段ボールは業者頼みが圧倒的に有利です。

3.新聞紙

食器などを包むときの必需品、新聞紙。
購読している人はいいですが、そうでない人は新聞紙をコンビニなどで購入してくるしかありません。
緩衝材は100均にも売っているので買えば500円くらいで済むでしょう。

4.お礼(チップ)

引越し業者を利用した場合はチップを渡すという方が多く、相場はスタッフ1人につき1,000~2,000円とのこと。(もちろん渡さなくても問題ありません!)

自分で引越しをして知人や友人に手伝ってもらった場合は、何かしらお礼をすることが多いでしょう。
相場は人によって違いますが、一人1,000円くらいとすると業者に頼む場合とさほど変わりません

ちなみに宅配業者の引越しサービスを利用すれば、チップを渡す必要はありません♫꒰・◡・๑꒱

破損のリスク

手間は当然のごとく自分で引越しした方がかかります…!

忘れてならないのが、家具を運ぶ際にフローリングや壁に傷をつけてしまうというリスク

引越し業者だと運搬の際に、養生シートを壁やフローリングに張りますし、万が一傷をつけてしまっても業者が加入している保険で補償されます。

これが自分でつけてしまうと立会いの時に申告して、最悪自分で補償しなければなりません。

また、家具家電を破損した場合も自分で引越しだとすべて自分の責任ですが、業者が破損した場合は補償されます。

特に洗濯機やテレビ、パソコンといった家電は取扱いに注意して運ばなければなりません。

業者に頼むのは保険という意味合いもあるのです。

人手

自分で引越しをする場合、家具や家電を運ぶときは男手が必要になるので、女性の方は男性に手伝ってもらわなくてはならなくなります。

また、重い荷物を持つ場合腰に負担がかかりやすいので、年配の方にはお願いしない方がいいでしょう。

引越しで無理をして腰を痛めた人

まとめ

結論は、
長距離、もしくは半日以上かかる引越しなら業者を利用するのが絶対良い!
ということ。

  • 長距離だとレンタカーの借りる時間が長くなってしまう
  • 床や壁を傷つけるリスクがある
  • 手間を考えると少しお金をだして業者に頼んだほうが圧倒的に楽

などなど(^^;)自分でやっても実は手間ばかりかかってそれほど節約にならなかったりします。

今は一人暮らし向けのプランやサービスも充実していますし、平日や夕方を選べば数万円単位で引越し料金を安くすることも可能です。

自分で仕事をした方がお得な場合

自分で引越しをした方が確実に安いのは、家具も家電もなくて荷物が少ないときだけ!

実際私が唯一自分で引越し作業をしたのは、高校を卒業して初めて一人暮らしをはじめたとき。
家電も家具もひとつもなく、買ったものはすべて新居に宅配してもらったため、家を出るときに持っていったのは服や貴重品など身の回りのものだけでした。

両親の車で軽々運んで新生活スタート!

こういった場合だけは確実に自分で引越しをしてしまった方が安いです。

※前回の引越しで一括見積りをした結果、値引き交渉により8万円安くすることができました。
200,000円→120,000円

一括見積りをするだけで、引越し料金は数万円単位で変わってきます!1円でも安く引越すために不可欠なのです( *• ̀ω•́ )b グッ☆

↓↓私が使った無料見積りサイト↓↓


クロネコヤマトなどとも比較できます

-引越しが決まったらすることリスト

Copyright© 【引越しを安く、楽にする】8の手順と準備リスト~引越し手帳~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.