引越し10回以上の転勤族がまとめた「楽に」引越す手順

【引越しを安く、楽にする】8の手順と準備リスト~引越し手帳~

コラム

「引越し後、ママ友ができない」転勤族が身につけたママ友作りのコツ

投稿日:

子連れで引越しをすると何が不安って知り合いがいないってこと

一人でも大丈夫!って人もいるけど、知り合いがいない土地での育児は本当に孤独でした。

愚痴を話す相手もいない。
悩みを相談する相手もいない。
だからって支援センターに行ってもママ友グループができていて余計孤独を感じる…。

どこ行っても完全にアウェーなんです。

「しばらく夫以外の大人と話してないな。」なんて時もありました。

よくママ友なんていらないって聞くけど、少なくとも私はいて良かった。

確かに気が合わない方もいます。でもそれは職場だって同じこと。

反対に気が合って子どもなしでも付き合いたいと思える人に出会えることもあります。

私は転勤族なので行く先々でママ友作りに奮闘してきましたが、だんだんとママ友付き合いがそれほど苦にならなくなってきました。

経験を積んだとでもいいましょうか・・・。常にアウェーな空気の中頑張ってきたので経験値は高いはず・・・!笑

まず引越し後のママ友作りに悩む人に知ってもらいたいことがあるのです。

それがこの6つ。

①ママ友グループなんて妄想かもしれない
②グループを狙うべからず!一人でいるママをロックオンせよ!
③定期的に集まる場所か同じ考えを持った集まりに行くと仲良くなりやすい
④「分からないから教えて」が魔法の言葉
⑤ガツガツしない!うまく行けばラッキーくらいの気持ちで
⑥たった一人でも気が合う人がいればママ友作りは成功

6つもあるの~?!と思ったアナタ。

難しいものではないので、ぜひぜひ最後までお付き合いくださいませ。

①ママ友グループなんて妄想かもしれない

私が数々のママ友付き合いを経て分かったのは、ママ達が輪になって話しているからってそれが仲良しママ友グループとは限らないということ。

もしかしたらたまたま会って話したママ達かもしれない
グループになっているけど実はそれほど仲良くないのかもしれない
グループに所属しているけど他にもっと気の合うママ友を探しているかもしれない

という場合だってあるのです。(というかそれがほとんど)

私たちほどの年齢になれば、ある程度社会経験を積んでいて偶然隣り合った人と楽しくおしゃべりするなんてスキルは身についているものです。

実際私は長男の幼稚園時代に8人のママグループに所属していたのですが、実は気の合う人は一人もいませんでした。
いつも子どものためと思い、愛想笑いを繰り返し、降園後の公園遊びに参加し、嫌なことを言われても聞こえないフリをして笑って過ごしていました。
本当はグループ外に仲良くなりたいママがいたりもしたのです。(結局グループから外れることができず、そのママとは当たり障りのない会話止まりでした…後悔)

グループができてる

って気後れしている方。

目の前にいるママ友グループは本当に仲良しグループなのでしょうか?

すべての人がグループに属して最高のママ仲間と過ごしているなんてありえません

まずはその固定観念をとっぱらってしまいましょう。

そこがスタートです。

仲良く見えるママグループも腹の中はこうかもしれない
↑仲良く見えるママ友グループも実はこうかもしれない…(経験談)

②グループを狙うべからず!一人でいるママをロックオンせよ!

グループでいるママ達に突進して成功する人は、余程のコミュ力を持った人のみ。

女性は一般的に仲間意識が強く、中には「グループに新参者は絶対受け付けません!」という人がいます。(というかグループ内に一人はいる)

なので、まずは一人でいるママを狙いましょう

これは普段グループでいるママが一人の時でもOK。

一人一人じわじわと交流を広げていけばいいのです。

特に社交的で顔が広いママと仲良くなるとそこから輪が広がっていく可能性もあります。

③定期的に集まる場所か同じ考えを持った集まりに行くと仲良くなりやすい

児童館や公園って実はママ友作りのハードルが高いと思ってます。

だって子どもが他の子と遊ばなきゃ話しかけづらいし、一回話して「仲良くなりたいなー」と思っても来る時間がバラバラだったりすると何回も会うのが難しいし、グループで来ている人も多いし、そもそもママ友はいらない・子どもを遊ばせたいから来ているだけという人もいるので見分けるも難しい。

「ママ友が欲しい!」と思っているなら、育児サークルや毎週開催されるママの会、幼稚園なら役員、園でやっている習い事、趣味の同好会などがおすすめ。

同じ目的を持ったママが集まるし、サークルやママの会、同好会などに参加するママはママ友が欲しくてきている方も多いので、仲良くなりやすいのです。

また、定期的に顔を合わせるので仲良くなりやすいし、ママ友の関係を越えた付き合いにも発展しやすいです。

実際に人見知りで消極的な私が今でも仲良くしているママ友は、

  • 月2回みんなで公園や動物園に出かけよう!みたいな育児サークルで出会った
  • 子どもが園でやっているサッカー教室に入って見学の時に話すようになった
  • 園の夏祭りで同じ係だった

という人達です。

④「分からないから教えて」が魔法の言葉

ママと話すことに成功したらどんな会話下手な方でもこれだけは言って欲しい言葉があります。

それは

「私、最近引越してきてこの辺のこと全然分からないのでいろいろ教えてください(*^-^)ニコ」

です!

(もちろん今ここでいろいろ教えろっていうニュアンスじゃないですよ!軽くいってくださいね)

女性って『誰かの一番』になりたがる方が多いです(一般論ですよ)

だから友達が多いママ友相手だと「まぁ誰かと約束してるよね」って感じで誘うのを躊躇います。

反対に相手が他に頼る人がいない・仲良くしている人がいないと分かると誘いやすいという人は多いです。

それにこの一言を言ってしまえば

「この辺に遊びやすい公園ってありますか?」
「雨の日でも遊べるとこありますか?」

などなど、引越してきたばかりだからこそ出てくる話題がたくさん。

幼稚園・保育園なら「○○ちゃん、いつもうちの子と仲良くしてくれてるみたいで。ありがとうございます(*^^)」
未就園児なら「何ヶ月ですか~?」

の次に「私、最近引越してきて…」

とつなげばOKです!

⑤ガツガツしない!うまく行けばラッキーくらいの気持ちで

ママ達もいろいろな考えの人がいるので、

  • 「もう仲良しグループがいるから新規で仲良くなるつもりはありません」という人
  • ママ友なんていらない
  • そもそも人と話すのが好きではない、話したくない
  • 何回か話してからじっくり仲良くなりたい

とさまざまです。

だから話しかけて反応が薄くても
「初対面でこんな人って分かってラッキー♪次々!」くらいの気持ちでいかないと転勤族のママはやってられません。

あとママ友作りに躍起になってる人って敬遠されます。

なんか怖いというか、依存心が強そうというイメージを持ちますので…。

公園も幼稚園も児童館もママの社交場ではありません。
まずは子ども!

そこを忘れずに。

⑥たった一人でも気が合う人がいればママ友作りは成功

私は転勤族なので、仲良くなってもまた引越しというのを繰り返してきました。

その中で分かったのは、引越し後も連絡をとりたいと思えるママは一人いればいい方です。

あんなに毎日・毎週のように会って深い仲になったようなつもりでいたのに、物理的に距離が離れれば用済みなんてことはザラ。

本当に虚しい。

だからママ友作らなきゃ!と張り切って顔が広くなったところで、実は気疲れして終わるなんてことも多いです。(もともと人付き合いが好きって人は別ですよ!)

軽い話ができるママがいて、その中で気が合うな~、話しやすいなというママは自然と見つかります。

ただ正直、数を打たなきゃそういったママには出会えません(;・∀・)

待っていても理想の白馬のママ友はやってくるわけがないのです。

今仲良しがいるママ達もそれなりに努力をしています。

誘う努力、話しかける努力、相手に合わせる努力。

そういうことが自然にできる人もいますが、ほとんどのママは誘って断られて全く凹まないなんてことはなく、話しかけて嫌な顔されたり、挨拶を無視されたりなどなにかしら嫌な思いも必ずしています。

新参者というハンデを背負っている分、自分からいろいろ動くようにしなければ馴染むことはできません。

 

 

あとはSNSが近い人と繋がりやすくて便利です。
twitter、インスタグラム、facebookの他にもママ友募集のネット掲示板があったりします。

SNSって他のママが仲良くしているのを見たりして落ち込むこともありますが(^-^;
うまく使えば自分と似た趣味の人・境遇の人を探せる便利なツールでもあります。

ただママ友付き合いの鉄則は

誰とでも仲良くなんて幻想!うまくいったらラッキー!うまくいかなくても「まぁいっか」

ということをお忘れなく。

もし辛い、孤独、寂しい気持ちがあればここのコメント欄に殴り書きしてもオッケーですからね!

がんばりましょう。

※前回の引越しで一括見積りをした結果、値引き交渉により8万円安くすることができました。
200,000円→120,000円

一括見積りをするだけで、引越し料金は数万円単位で変わってきます!1円でも安く引越すために不可欠なのです( *• ̀ω•́ )b グッ☆

↓↓私が使った無料見積りサイト↓↓


クロネコヤマトなどとも比較できます

-コラム

Copyright© 【引越しを安く、楽にする】8の手順と準備リスト~引越し手帳~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.