10回以上引越した転勤族がまとめた「楽に」引越すための手順

楽に引越すための手順・やることリスト【引越し手帳】

コラム

【浜松に引越し】市民が教える「浜松ってどんな街?」住みやすい場所・特徴など

投稿日:2018年2月25日 更新日:

浜松市に引越しの予定のある方のために、現浜松市民が公共交通機関事情や天候の特徴、地区それぞれの特徴、住みやすさなどを解説します。

浜松という街の特徴

縦に長~い浜松市の面積は1,558 km²。

面積が619 km²の東京23区のおよそ2.5倍もあります。同じ浜松市民でも南区と天竜区だと車でも1時間以上かかる距離なのでイマイチ同じ浜松市民といった意識はありません(;´∀`)

以前は浜松市、浜北市、天竜市、舞阪町、雄踏町、細江町、引佐町、三ヶ日町、春野町、佐久間町、水窪町及び龍山村の12市町村だったのが平成17年7月1日に合併し、今の浜松市になりました。

大まかに区で分かれる

静岡県

浜松市は中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区7つの区にわかれています。

区別世帯人口は

区名 人口(外国人含む)
中区 23,9090
東区 130,515
西区 111,942
南区 103,246
北区 93,945
浜北区 98,772
天竜区 29,503

※2018年1月1日現在(参考:区別・町字別世帯数人口一覧表/浜松市

天竜区は山間部なので、突出して人口が少ないです。

公共交通機関、移動手段

浜松は車社会。東京などのように公共交通機関が発達していなくて本数も少ないので、車がないとものすごく不便です。

車以外の公共交通機関は

  • JR(東海道線)
  • 遠鉄電車(通称:赤電)
  • 遠鉄バス
  • 天竜浜名湖鉄道

の4つ。

JR東海道線

浜松市の南部を走るJR東海道線。

東から

  • 天竜川(てんりゅうがわ)駅
  • 浜松駅
  • 高塚(たかつか)駅
  • 舞阪(まいさか)駅
  • 弁天島(べんてんじま)駅

駅周辺の栄え具合は

  • 浜松⇒天竜川・高塚⇒舞阪⇒弁天島

の順。

快速電車はなく、すべて各駅停車になります。

新幹線が停まるのは浜松駅のみ。

遠鉄電車(通称:赤電)

赤電

引用:赤電ブログ|遠鉄電車(赤電)公式サイト - 浜松市を南北に走る電車|遠州鉄道株式会社

この赤電は浜松駅に隣接する「新浜松駅」から終点の「西鹿島駅」までの18駅を南北に走る路線です。

西鹿島駅からは天竜浜名湖鉄道に乗り換えができます。

JRが東西に走っているので、北に上がるときはこの赤電を利用します。

最近は線路の高架化に伴って渋滞が解消され、沿線は今人気の高いエリアです。

遠鉄バス

遠鉄バス

引用:遠鉄バス

遠鉄バスは浜松市を東西南北人口の少ない山の中までも走っています。電車の駅が遠い場所はこの遠鉄バスにお世話に。

路線図:路線図|路線・時刻表・運賃|遠鉄バス(路線バス・空港バス・高速バス)

全国の路線バスの中でも車内はキレイな方だと思います。運転も丁寧。

天竜浜名湖鉄道(略称:天浜線)

天竜浜名湖鉄道

引用:天浜線(天竜浜名湖鉄道株式会社)

こちらは電車。

JRの新所原(しんじょはら)駅(湖西市)から掛川駅(掛川市)までを繋いでいます。走っているのは主に浜名湖の北側である北区から天竜区。

西鹿島駅では遠州鉄道の赤電に乗り換えることが可能。人口の少ない地域を走っているので、ワンマン運転で乗客も少ないです。

天候

浜松市は温暖な気候で、年間日照時間は全国トップクラス。
気象庁発表の日照時間の長さを表す全国気候表でも、常に上位をキープしています。

また、冬は雪が全く降りません。数センチでも積もれば授業を休止して雪遊びをするレベル。

ただし、「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くため、気温が高くても体感温度は低く感じます

治安

浜松市自体が政令指定都市の中でも治安が良いほうです。以前は駅南(中区~南区)の治安が悪いと噂されていたこともありましたが、それは30年前の暴力団追放運動が会った時の昔のイメージで、現在はどこの区も犯罪発生率は大きく変わりません。

ただ浜松市はブラジル人、フィリピン人などの外国人が多いです。普段生活していてもそれほど接する機会は少ないですが、学校や職場によっては国際色豊かな風景が見られます。だからといって、犯罪発生率が高いわけではなく治安には影響していませんのでご安心を。

人柄は?

「浜松人は気性が荒い」なんて言われてはいますが、静岡は気候が穏やかなこともあって、のほほんとした人が多いです。仕事で静岡県全域の店舗のクレームを受け付ける仕事をしている人と話したら、

「浜松の人はカッとなりやすくてガーッと文句を言ってくるけど、その代わり言いたいことを言い終わると根に持たないで気持ちを切り替える人が多い」

と言っていました。確かに的を得ているかも?(笑)

住むならどこ?

区別の家賃相場(ワンルーム・1K・1DKの場合)がこちら(参考:浜松市の地域から家賃相場を調べる【HOME'S】

  • 中区 4.36万円
  • 東区 3.99万円
  • 西区 2.97万円
  • 南区 4.25万円
  • 北区 3.11万円
  • 浜北区 4.23万円
  • 天竜区データなし

浜松駅があり、お店なども多い中区が一番高くなっています。

家賃が高い街

中区の中でも高いのが浜松駅周辺の鍛冶町、中央、元魚町、大工町、板屋町、元城町などの浜松駅周辺

そして佐鳴台、広沢、西区の大平台、東区の半田山。この辺りは浜松市の中でも区画整理がされていてオシャレな住宅街です。お店も多く、近くに大きな公園もあり、バスの本数も多くて利便性が高いため、家賃が高くなっています。

ただ佐鳴台は昔からの住宅街のため古い物件も増えています。その分家賃が安い物件も増えていますが「新しくキレイな街」なら大平台の方が○。駅からは遠くなりますが、車があれば問題ありません。

ただし、どちらも坂道が多いのでお年寄りにはちょっとキツイです。

※追記:佐鳴湖の北側は地盤が弱いとされているので避けた方が無難。

家賃が安い街

ダントツ家賃が安いであろう山間部の天竜区にはそもそも賃貸がほとんどないようです。

あとは海に近い地域。2011年の東日本大震災以降、津波を懸念して内陸志向が強まっているため、家賃がどんどん下落しています。南区の遠州浜地区、中田島地区、西区の舞阪地区などなど。

また、北区や西区の浜名湖周辺。とにかく駅から遠く郊外に行けば行くほど安いです。

転勤族が多い地区

浜松駅の西側「広沢(中区)」「佐鳴台(中区)」「大平台(西区)」あたりのエリアが人気。

特に広沢小の校区は、浜松でいう文教地区。お金持ちが多く、住民の質が高いです。(個人的な見解)

あとは、利便性の高い赤電の駅周辺。特に上島は「イオンモール浜松市野」までの直通バスが出ている他、スーパーや郵便局、銀行、飲食店、公園など一通りあります。

また最近家を建てる人が多くて他県出身者が多いのが浜北区。津波を懸念して内陸志向が強まってるのもありますが、染地台(きらりタウン浜北)などの新興住宅地ができたことや赤電が通っていることなどで店舗も増え、人口が増加してきています。

なにより一番重視するべきなのは会社や学校の場所

確かに浜松市民からすれば佐鳴台や大平台は良い街ですが、大平台や佐鳴台から南区・東区、浜北区などへ通勤するのは危険です。

なぜなら渋滞がひどい場所を横断しなくてはならないため。

浜松は街中だけでなく、郊外でも慢性的に渋滞が発生している箇所が多くあります

特に今ひどいのはコストコ(東区上西町)からイオン市野周辺の道路国道257号線(通称:姫街道)。

コストコの南側は道が改善されてきていますが、コストコから北はまだ渋滞が多いです。裏道を使えば渋滞を避けることができますが、家の前が慢性的に渋滞する箇所だと不便です。不安なら休日の様子を見ておいた方がいいです。

職場が磐田市の場合は通勤が大変に

浜松市の東側に位置する磐田市は、ヤマハやスズキ、その関連企業などがあるため浜松から通勤をする人も多いです。

しかし、浜松と磐田の間には天竜川という大きな川が流れているため、通勤するには橋を渡ることになります。が!橋の数も多くないので、どの橋も通勤ラッシュ時は渋滞が発生。

ただ、国道一号線(浜松バイパス)は片道4車線に整備されたため、スムーズに渡れます。また、一番南に架かっている「遠州大橋(新掛塚橋)」も通行料が100円かかるため、渋滞していません。(とはいえ一番海側なので使う人自体少ないですが(^^;))

もし職場が磐田方面で浜松市に住むなら、国道一号線を渡るルートを考えて住まいを決めると通勤時のストレスが減ると思います。

車がない場合

車がない場合は、公共交通機関の近くがやっぱり便利。

特に赤電の周辺なら浜松駅へのアクセスもしやすいしお店も多く、住宅が密集しているので利便性が高いです。

新浜松駅から八幡(はちまん)駅あたりまでは家賃が高く街中という雰囲気ですが、助信(すけのぶ)駅から浜北駅くらいまでならある程度栄えているので住みやすいです。

【遠州鉄道(赤電)の駅一覧】
赤電の駅一覧
各駅情報|遠鉄電車(赤電)公式サイト - 浜松市を南北に走る電車|遠州鉄道株式会社

東の方なら天竜川駅の近くも家賃がそれほど高くなく店舗も多いのでおすすめ。

西の方なら佐鳴台、入野町、鴨江あたり。駅には徒歩で行ける距離ではありませんが、バスの本数も多くお店や銀行等も一通り揃っているので不便は感じにくいでしょう。

浜松駅周辺は駅前でも便利ではない

そもそも浜松駅自体がそれほど栄えていません。

郊外にイオンなどができてしまったことで、浜松駅周辺の空洞化が進みデパートなども撤退してしまっています。

本当に駅周辺となるとスーパーが少なく、駅ビルメイワンの地下の「成城石井」、ZAZACITYの地下のスーパー、遠鉄百貨店の地下などがありますが、どこも値段は高め。駅のすぐ近くは逆に不便を感じるかもしれません。

少し外れれば西友やバロー、ビオ・あつみなどのスーパーがあり、スーパーの選択肢は増えます。

イオン周辺が栄えてきている

浜松には志都呂(しとろ)、市野、入野にイオンがあります。

特に志都呂と市野はイオンができてから道も整備され、飲食店などの店舗がイオンを中心にしてどんどん増えています。

それに、とりあえずイオンがあれば買い物に不便はしません(笑)イオンの中に習い事や病院も入ってるしね。

また、浜北区には「プレ葉ウォーク浜北」と映画館もある「サンストリート浜北」いうショッピングモールもあり、その周辺でも便利です。

おすすめしない場所

ハザードマップから見る東海地震の津波浸水が想定される場所

静岡県第4次地震被害想定(第一次報告・第二次報告)の公表について

平成25年に更新された浜松市の津波による被害想定はこんな感じ。(参考リンク:静岡県地理情報システム(GIS)

不動産屋さんが「東海道新幹線よりも北の家を探す人が増えた」と言っていましたが、確かにこれを見ると新幹線より南は浸水想定域になっている場所が多いです。

津波を懸念するなら南区の遠州浜地区、中田島地区、可美地区、西区の舞阪地区などは避けた方がいいでしょう。

河川の氾濫、水害

浜松市で一番大きな川は「天竜川」ですが、この川が氾濫すると東区、南区のほぼ全域が浸水する想定です。(参考:天竜川洪水浸水想定区域(想定最大規模))

他にもたくさん川はあり、それぞれ洪水浸水想定区域が公開されていますが、正直すべて気にしていたらどこにも住めません(;^ω^)

なので、洪水に関してはそこまで気にしなくても良いと思います。

ただ、ゲリラ豪雨や台風が起きた時に浸水しやすい地域は可美地区(若林町)。2015年の台風18号のときも道路が冠水しました。

↓遠鉄ストア新橋(にっぱし)店の前
浜松市南区若林町の冠水被害(毎日新聞)
(引用:台風18号:浜松で雨24時間238ミリ 7万人避難指示-毎日新聞)

航空自衛隊浜松基地の騒音

浜松市中区の高丘地区には航空自衛隊の基地があります。

この基地のおかげで高丘地区ではテレビの音をかき消すくらいの飛行機の離着陸の音がします。
ただ、最初はビックリするかもれませんが慣れてしまえば正直気にならないです…(^-^;

ただし!毎年10月ごろにある航空祭の1ヶ月ほど前からは航空機のアクロバット飛行の練習の爆音が鳴り響きます。高丘地区の上空を戦闘機が低空で飛び交い、ものすごい音がするということは知っておいた方がいいです。

その他

GWに開催される浜松祭りは強制参加ではない

浜松には毎年5月3日~5日の3日間に「浜松祭り」が開催されます。

祭りは南区中田島の凧あげ会場での「凧揚げ合戦」と市内を練り歩く「屋台引き回し」。浜松の全町が参加するわけではなく、主に浜松中心街(浜松駅周辺)に近い中区や東区、南区、西区などの町が174組(※2010年)参加。

ただ、参加している町だからといって絶対に祭りに参加しなくてはならないということはありません

開催期間は夜までラッパの音が響きます。街中だと道路規制もあるので、参加しない人はGW中は市外へ出かけて避難するのもアリ。

子育て支援

浜松市の待機児童数は県内最多。そのうち50%が一歳児とのこと。

また、子どもの医療費助成制度は中学校を卒業するまでの子どもが対象。無料ではなく、通院1回500円、入院1日あたり500円です。総合病院の数も多いので、子どもの急な病気やけがの際は安心です。

子どもを浜松市で育てていて思うのは、児童館の数も少ないし、私が住んでいる地域には公園もなく、子育て支援が充実しているとまでは感じません。

ZAZACITYに「こども館」という屋外型施設はありますが、浜松駅の街中なので駐車料金もかかるし不便な場所にあるので気軽には通えず、雨の日や冬の遊び場に困ります。(住んでいる地区によるとは思いますが…)

ただ、大きい公園はたくさんあるし、南に行けば海、西には浜名湖、北は山。自然はたくさんあるので、自然を通じたさまざまな体験ができます。

「子どもを自然の中で育てたい、でもある程度生活や買い物に不便はしたくない!」という希望を叶えるのが浜松だという街だと思います。

ゴミの分別は厳しくない

浜松市は「燃えるゴミ」の区分が大きい!ほとんどのものが燃えるゴミで捨てられます。

粗大ゴミは有料ですが、今まで他の街にも住んできた中でもゴミ出しは楽な自治体です。

中にはゴミ袋には記名必須、町内会のゴミ出し見張りは当番制、燃えるゴミにひとつでもプラスチックが混じっていると玄関前に返却されるという自治体もありましたから…。

まとめ:浜松に10年以上住んで思うこと

他県や他の町にも住んだこともあったけど、結局私は生まれ故郷である浜松に戻ってきました。

その理由はやっぱり住みやすいから

気候がいいのはもちろんですが、適度に田舎で適度に街。自然もたくさんあるのに、一通りの買い物や生活にも困らないバランスの良さ。また、名古屋や東京、大阪にも新幹線1本で行けるというのも有難いのです。

都会は嫌だけど田舎すぎてもイヤ。
寒いのも苦手だし、冬の雪かきは憂鬱。
という人にはピッタリな街、浜松。

これから浜松に住む人に、浜松を気に入ってもらえたら嬉しいです。

※なにか疑問点や相談があれば、遠慮なくお問い合わせください(*^^)

※前回の引越しで一括見積りをした結果、値引き交渉により8万円安くすることができました。
200,000円→120,000円)一括見積りをするだけで、引越し料金は数万円単位で変わってきます!1円でも安く引越すために不可欠なのです( *• ̀ω•́ )b グッ☆

↓↓私いつも使っている無料見積りサイト↓↓

-コラム

Copyright© 楽に引越すための手順・やることリスト【引越し手帳】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.